時給1万円稼ぐ 図解Amazon輸入ビジネス 池田 誠之 著

時給1万円稼ぐ 図解Amazon輸入ビジネス
池田 誠之 著

Amazonのシステムを活用したビジネス

Amazonという巨大なプラットフォームを利用した、個人輸入で稼ぐノウハウ本。
「時給1万円」に換算できるほど稼げます!ということでしょう。
そんな個人輸入ビジネスの、ゼロから始めるためのノウハウ本です。

Amazonをよく使うっていう人には、あまり抵抗なく参入できそうな気がします。
そして売るための商品さえ見つけられれば、あとはAmazonにお任せできるので、
忙しくて時間が割けないと思っている人でもなんとかなりそうな希望が持てます。

輸入・販売までの手順はとてもシンプル

この本では、日本Amazonの出品アカウントとアメリカAmazonのアカウントも取得して
その差額を調べて輸入、出品手続きをして売れるのを待つ。
収入を得るまでの手続きはシンプルです。

そしてひとつひとつ、何をどうすればいいのかを丁寧に解説しています。
1.仕入れる商品をリサーチ
2.商品を購入
3.Amazonに出品
4.購入者に評価の依頼を出す
著者曰く、この4ステップを繰り返すだけで時給1万円が実現できる、と。
初めてAmazonへの出品をしようとする人でも、とりあえず出品するところまではできそう。

FBAというAmazonの仕組みを使うことによって、手数料は取られますが、
受注後の梱包から発想、お客様対応までやってくれます。
これなら本業で会社勤めしている人でも、発送作業に時間を取られずにやりやすそうです。

このビジネスが難しい理由

商品を売るのは、巨大なマーケットを持つAmazonがやってくれます。
だからお客さんは世界中にいるし、販促もしてくれます。

つまり、よっぽど高額だったりマニアックな商品でなければ、ほぼ売れます。
だから販売面での問題はなし。

では、何が問題かというと【利益が出る商品を探す】ことが、実は難しいんですね。
私もこの本にしたがってアカウントを開設、実際に輸入ビジネスを始めてみました。
商品を仕入れれば売ることができるんですが、なかなか確実に利益の出る商品が見つからない。

もしかしたら探すためのコツがあるのかもしれませんが、価格差があっても関税や送料など
手数料を差し引くと利益どころか赤字になってしまうのです。

だからこそ、うまくできれば大きく稼ぐことができるビジネスなのでしょうね。
そうは言っても、並行輸入品がAmazonにはたくさん出品されています。
つまり誰かが輸入ビジネスで利益を得ているということ。

絶対に無理ではないけれど、ビジネスでお金を稼ぐとなるとそれなりの苦労は当然です。

Amazon輸入ビジネス所感

実際にやってみての感想ですが、利益の出る商品を探すのは結構難しいと思いました。
にわかでちょっとお試しでやってみたレベルですから偉そうなことは言えませんが、
初めから楽に稼げるかというと、そういうわけでもなさそうです。

ただし、元手は商品の仕入れ分だけですから、小さく始めることもできます。
自宅の不用品をAmazonで売却し、それを元手としてもいいかもしれません。出品の練習にもなりますからね。

ちなみにネット上の情報商材には、個人輸入で儲かる商品を探すツールが売られています。
《オイシイ商品》を見つけ出す方法が商売になる、ということは
ここにキモとなる重要なノウハウがあるってことですね。参入障壁です。

ちなみにツールを使っても、みんな同じ基準で商品を探すわけですから早い者勝ちです。
ツールを使って楽に確実に稼ごうとしても、結局激しい競争に晒されます。
世の中、なかなか甘くないです。

まず始めるには最適な資料として使える本

この本に沿って手続きを進めていくと、とりあえず商売を始めるステージには立てます。
そういう意味では有用な本といえるんじゃないでしょうか。
意外と個人輸入ってハードルが高くないのね、という認識も偉ます。

初心者がAmazon輸入ビジネスについて学ぶには親切で良書だと思います。
とは言え輸入ビジネス自体、人によっては向き不向きがありそうなビジネスですね。

私はモノグサで面倒くさがりなので、儲かる商品を見つけることに負担感がありました。
向いてないってことなんでしょうね。

新しい商品を発掘したり、自分でいいと思った商品を広く世の中に広めたい、
なんて思える人にとっては、楽しみながら取り組める素敵なビジネスになるでしょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする