宇宙戦争

小説

わからないまま襲われる恐怖【宇宙戦争 H・G・ウェルズ】

SFの基本書みたいな位置付けの『宇宙戦争』 SFといえば宇宙戦争という、なんとなくの認識のまま積ん読となっていた本書。 SF小説は完全に娯楽としての読書という認識だ。 どうしても仕事で必要な知識やすぐに役に立ちそうな本を優先し...
タイトルとURLをコピーしました