菅啓次郎

エッセイ

『本は読めないものだから心配するな』菅啓次郎

いわゆる「本好き」向け書籍 本好きの間では有名らしくて読んでみた。 本フェチの私としては、紙質が柔らかくてページを捲るのが気持ちいいのが最も印象的だった。 内容は随筆っぽい感じなのか、でも詩的な文章で読み手の経験と反応してイメ...
タイトルとURLをコピーしました