小説

小説

わからないまま襲われる恐怖【宇宙戦争 H・G・ウェルズ】

SFの基本書みたいな位置付けの『宇宙戦争』 SFといえば宇宙戦争という、なんとなくの認識のまま積ん読となっていた本書。 SF小説は完全に娯楽としての読書という認識だ。 どうしても仕事で必要な知識やすぐに役に立ちそうな本を優先し...
小説

正直よくわからないが引き込まれる 『風の歌を聞け』村上春樹

今更ながら読んだ、天才作家の原点 先日読んだ『100歳まで読書』で冒頭の一文(”完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。”)が引用され紹介されていたので、興味を持ってしまった。 なぜなら『100歳まで...
小説

ジーキル博士とハイド氏 スティーヴンスン 著 村上博基 訳

ジーキル博士とハイド氏 (光文社古典新訳文庫) ※あまりにも有名な作品ので、ややネタバレ的なことも書いてあります。 有名だけど自分で読まない物語の代表格 本書巻末に記載されている「解説」にも言及があるように、”あまりにも有...
小説

地底旅行 ジュール・ヴェルヌ 著

当時の最先端の科学を元にしたSF小説 以前より大変お世話になっております「光文社古典新訳文庫」のうちの1冊。 ジュール・ヴェルヌによるSF小説『地底旅行(原題 : voyage au centre de la terre)』の新...
小説

かもめのジョナサン【完成版】 リチャード・バック著 五木寛之 創訳

かもめのジョナサン【完成版】(新潮文庫) 読む人によって受け取り方が変わる寓話 手段の同調圧力に屈せずに、自分の生きる意味や自分の好きなことを突き詰めようとすると、よくオススメされるのが本書『かもめのジョナサン』。 かもめのジ...
小説

閨閥 本所次郎 著

閨閥 マスコミを支配しようとした男 ヤバイくらいにリアリティがスゴい作品(むしろ実話?) 「閨閥」という言葉の意味が不明な人へ(私も初めて見る言葉なのでわざわざ調べました) 閨閥(けいばつ)とは、外戚(妻方の親類)を中心に形成...
小説

魂の駆動体 神林長平 著

魂の駆動体 車好きの魂をまさに”駆動”するお話 SF好きの方にはよく知られている作家さんの小説とのことですが、私自身はSF的な小説を 食わず嫌いで避けているところがありました。 元々、理工系で機械工学を学んでいたせいな...
タイトルとURLをコピーしました